更年期障害とうつ病の関係

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

最も重要なのは心身共に休むことです

現代社会のストレスや環境の変化により、更年期障害とうつ病を併発する女性が増えていると言われています。

 

更年期障害で悩んでいる人の約2割以上の女性が、実はうつ病でも同時に悩んでいるんだとか。

 

今まで更年期障害の症状としては、のぼせやイライラなどがあげられてきましたが、近年では無気力だったり、やたらと不安を感じることによる睡眠障害が起こるなど、精神症状も多く見られるようになりました。

 

更年期のせいだろうと放っておくと、気が付かない間にうつ病にもなっているなんてケースが多いようです。

 

そもそも、うつ病の症状自体が、更年期障害の症状とよく似ています。

 

更年期障害の治療を受けて、頭痛やめまい、全身の発汗、動悸、息切れなどの肉体的症状は良くなってきたものの、不安感やイライラなどの精神症状が良くならない場合もあるでしょう。

 

そんな時には我慢せずに、精神症状についても相談して、治療を受けてください。

 

更年期は、精神的にストレスを感じやすい時期でもあるのです。

 

何かに悩んだ時は、一人でその悩みを抱えこまず、誰かに相談する勇気を持ちましょう。

 

身近な人に相談できないのなら、プロであるカウンセラーを頼るのも一つの方法です。

 

一人で悩みを抱えていると、うつ病を併発することにもなりかねません。

 

また、更年期障害とうつ病を併発した場合、薬物療法や心療療法も大切ですが、最も重要なのは心身共に休むことです。

 

家事をする気力がないなら家事代行を頼むとか、症状が重いようなら入院してみるとか、時には思い切った方法も有効でしょう。