プレ更年期障害とは?

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

疲れすぎないことが大切

更年期障害という言葉は、ほとんどの方が知っていると思いますが、プレ更年期障害という言葉をご存じですか?

 

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

 

更年期とは、閉経を迎える年齢(日本人女性は大体50歳前後)で、45歳から50歳くらいの時期が当てはまります。

 

この時に、冷えやのぼせ、ほてり、イライラや不安感、憂うつ感などの症状が現れ、程度が重い時に更年期障害と呼ばれます。

 

ところが、もっと早い時期、35歳〜45歳くらいの間でも、更年期障害に似た症状が現れることがあります。

 

これをプレ更年期障害と呼んでおり、最近では増えてきているそうです。

 

では、どうしてプレ更年期障害は起こるのでしょうか?

 

元々、卵巣の機能は年齢と共に徐々に低下していきます。

 

また、女性は常に、妊娠、出産、育児、家事、仕事などといった様々なストレスや過労と闘っていますね。

 

こういった過度のストレスと卵巣の機能の低下が、ホルモンのバランスを崩し、更年期障害のような症状を引き起こすのではないかと考えられています。

 

そのため、プレ更年期障害を予防するためには、ストレスを溜め込まない、疲れすぎないことが大切なのです。

 

育児や家事などで、自分の時間が持ちにくい時期ではありますが、ストレスを発散できるような趣味をみつけて、健康的な生活を送るようにしましょう。

 

それに、更年期障害に似た症状が出てきた場合は、早めに専門医に相談することも重要です。