更年期障害で眠れない

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

違う病気が隠れていたというケースもあります

女性は閉経を迎える50歳前後になると、不眠を訴える人が多くなります。

 

更年期というのは、卵巣の働きが衰えることによって、女性ホルモンの分泌が減少し、それによって体がバランスを崩してしまう期間をいいます。

 

日本人女性では、およそ45歳から55歳くらいがこの期間にあたります。

 

代表的な症状としては、冷えやのぼせがあります。

 

女性ホルモンは、自律神経にも影響しますので、精神的な症状も現れてくることが多いです。

 

生理中に眠くなったりするように、女性ホルモンは睡眠にも係わっています。

 

そのため、女性ホルモンが減少していくことが原因で不眠の症状が現れてもおかしくないのです。

 

不眠とは、寝付きが悪い・睡眠時間が短いといった症状だけでなく、夜中に何度も起きる・早朝に目が覚めることも含まれます。

 

ただ、更年期障害では、イライラ感などの精神的な症状も現れてきますから、日頃のストレスが不眠に繋がっている場合もあるかもしれません。

 

色々と要因は考えられても、何が直接の原因とは判別しにくいといったケースもあります。

 

いずれにしろ、眠れないということは脳が充分に休まっていないのですから、とてもつらいものです。

 

更年期障害の症状と不眠症状があれば、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

また、更年期障害の症状だと思っていたら、違う病気が隠れていたというケースもありますから注意が必要です。

 

不快な症状があれば、我慢しないで早めに病院で診察を受けてください。