更年期の食生活で重要なこと

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

胃がんや高血圧の原因になります

更年期障害の食生活で重要なことは、まず、一日の摂取カロリーを減らすことです。

 

更年期の時期の摂取カロリーの目安は、個人差はあっても、1500〜1800キロカロリーくらいが理想になります。

 

更年期になっても、それまでと同じような感覚で食べ続けていると、とても太ってしまうでしょう。

 

外食をしてしまったり、出来合いのおかずやお弁当などを利用した次の日には、意識して低カロリーで健康的な和食にするなど、日常的に摂取カロリーを意識するようにしてください。

 

もちろん、食べ過ぎないようにする、なるべく多くの食品を組み合わせて食べるようにする、肉は脂身を避けて、茹でるなど油を減らす調理法を選ぶ、タンパク質は魚や大豆を中心に摂る、ドレッシングなどは食べる直前にかけるなどに気を付けることも大切です。

 

もし、食事だけでは必要な栄養素を摂りきれないと感じたら、サプリメントで補うのも一つの方法でしょう。

 

更年期以降、なるべく控えたいものとしては、コレステロールと塩分を多く含んだ食材です。

 

例えば、肉、レバー、牛乳、いくら、数の子などの動物性食品の脂肪は、一般的にコレステロールや飽和脂肪酸が含まれている量が多いので、これらの食品の脂肪分を多く摂取しすぎると、高脂血症や動脈硬化の原因になります。

 

また、塩分を多く取り過ぎると、胃がんや高血圧の原因になりますから、料理をする時は、あまり濃い味にする事を避けて、ラーメンやそばなどの汁も塩分が多いので残すようにしましょう。