更年期のときのお肌の手入れは?

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

こまめに保湿してあげるかあげないかで

更年期には、閉経といった女性にとって重大な身体の変化が起きる為、ホルモンのバランスも大きく崩れてしまいます。その為に、更年期障害といった症状が現れますが、その症状の中にはお肌の乾燥も含まれています。

 

年齢とともに肌の水分量は低下していきますが、さらに更年期障害であると、肌に残っているその水分量も保つ事が出来なくなってしまうのです。

 

また、肌が乾燥してしまうと、紫外線の影響も受けやすくなり、少し外に出ただけでも、すぐ日に焼けてしまうようになるので、注意が必要になってきます。

 

更年期における肌の手入れの一番のポイントとしては、やはりこう言った理由から「保湿」にあると言えるでしょう。

 

洗顔した後のお肌は、急速に水分が蒸発している状態ですので、しっかりと化粧水や乳液などで保湿をしてあげるようにして下さい。

 

また、日焼けもお肌を乾燥させてしまう大きな原因となってしまいますから、ちょっとした外出にも日焼け止めを塗る等の配慮が必要です。

 

外出しなくても、家の窓から入ってくる紫外線もかなりの量になりますし、洗濯物を干すだけでも日焼けしてしまいますので、家の中に居るからと安心しないで、日焼け対策を行う事も大切です。

 

更年期障害の症状が現れると、無気力感から何も手につかなくなってしまう事もあるでしょう。そんな時に肌の手入れまで気にする事は難しいとは思います。

 

でも、肌をこまめに保湿してあげるかあげないかで、その先の肌の状態が決まってしまうと思って、出来るだけお手入れをしてあげるようにして下さいね。