更年期に気を付けたい成人病

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

骨粗鬆症、高脂血症、高血圧、動脈硬化、糖尿病など

更年期に気を付けたい成人病には、骨粗鬆症、高脂血症、高血圧、動脈硬化、糖尿病などがあります。

 

骨粗鬆症とは、全体的に骨の成分が減少し、骨折しやすくなった状態を言います。

 

骨粗鬆症の約90%ははっきりと原因のわからないもので、そのほとんどが中高年に起こる退行期骨粗鬆症で、男女ともに発症します。

 

ですが、特に女性は、閉経の時に発症することが多く、男性に比べて発症時期が早いので注意が必要です。

 

骨粗鬆症が重症化すると、すぐに骨折するなどの問題を引き起こします。

 

高脂血症は、血液中の脂質が異常に多い状態の事を言います。

 

血液中には脂質として、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、脂肪酸などがありますが、この中で特に高脂血症に関連するのは、コレステロールと中性脂肪です。

 

高血圧は、最大血圧が140mmHg以上、または、最小血圧が90mmHg以上の場合には治療が必要と考えられています。

 

高血圧になると、まず気を付けなければならないのが日常生活です。

 

高血圧の方には、肥満の方や血糖値が高めの方、血液中の脂肪過多の方が多いのが特徴です。

 

動脈硬化は、動脈が硬くなったり、もろくなったりする状態で、血管の老化現象です。動脈硬化は、自覚症状がない状態で段々と血管を老化させていきます。

 

心臓の動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や狭心症が起こります。

 

糖尿病は、血糖値と呼ばれている血液中のブドウ糖濃度が増えて、体に様々な障害が起きる病気です。

 

このように、更年期に気を付けたい病気はたくさんあります。未然に予防しておきたいですね。