更年期に気を付けること

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

更年期に気を付けること記事一覧

更年期に起こる病気って?

更年期に起こる病気として、更年期障害があります。卵巣機能の低下により、ホルモンバランスが乱れることにより起こる症状です。これも個人差があり、そんなに症状が現れない人と症状の重い人がいます。更年期障害の症状としては、冷え・ほてり・のぼせ・イライラ感・不安感・抑うつ・疲れやすい・不眠などが挙げられます。...

≫続きを読む

更年期に気を付けたい成人病

更年期に気を付けたい成人病には、骨粗鬆症、高脂血症、高血圧、動脈硬化、糖尿病などがあります。骨粗鬆症とは、全体的に骨の成分が減少し、骨折しやすくなった状態を言います。骨粗鬆症の約90%ははっきりと原因のわからないもので、そのほとんどが中高年に起こる退行期骨粗鬆症で、男女ともに発症します。ですが、特に...

≫続きを読む

更年期障害に重要な適度な運動

更年期障害には、適度な運動療法が効果的と言われています。体に不調があったり、憂鬱な気分なのに運動なんてと思うかもしれません。でも、更年期に体の不調を感じたら、おっくうでも体を動かしてみてください。運動をしたり、体を動かす事が不足すると、体はたくさんの酸素を必要としなくなってきます。そうなると、肺活量...

≫続きを読む

更年期の女性が気を付けるべき病気

更年期の女性が気をつけるべき病気には、どのようなものがあるでしょうか?更年期の時期である40代から50代の頃には、子供が進学や就職、結婚などで独立したり、親の介護問題に直面することがあったりと、女性が大きな変化によるストレスを感じやすいでしょう。さらに、更年期を迎える女性が共働きで仕事を持っている場...

≫続きを読む

更年期の食生活で重要なこと

更年期障害の食生活で重要なことは、まず、一日の摂取カロリーを減らすことです。更年期の時期の摂取カロリーの目安は、個人差はあっても、1500〜1800キロカロリーくらいが理想になります。更年期になっても、それまでと同じような感覚で食べ続けていると、とても太ってしまうでしょう。外食をしてしまったり、出来...

≫続きを読む

更年期にエストロゲンが減少してなる病気って?

「更年期にはエストロゲンが減少して骨粗鬆症になる」と、耳にした事もあると思いますが、何故更年期になるとエストロゲンが減少してしまうのでしょう。それは、更年期と言われている45歳ぐらいから卵巣機能は徐々に低下していく為、いくら脳がホルモンの分泌を促しても卵巣の方で対応が出来なくなってしまうからです。こ...

≫続きを読む

更年期のときのお肌の手入れは?

更年期には、閉経といった女性にとって重大な身体の変化が起きる為、ホルモンのバランスも大きく崩れてしまいます。その為に、更年期障害といった症状が現れますが、その症状の中にはお肌の乾燥も含まれています。年齢とともに肌の水分量は低下していきますが、さらに更年期障害であると、肌に残っているその水分量も保つ事...

≫続きを読む

更年期のかかりつけ医師の重要性って?

更年期のホルモンバランスが急激に変化する時期には、何となく体調がすぐれない人が多いと思います。「ホット・フラッシュ」と呼ばれる顔のほてりやのぼせ、動悸や眩暈、冷え性や頭痛などの身体的な症状から、うつ状態やイライラ、不眠症や倦怠感や不安感などの精神的な症状まで、人によって現れる症状は様々です。また、本...

≫続きを読む