更年期障害には漢方薬が効果がある?

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

西洋的な治療方法よりも東洋医療の方が合う

更年期障害は、閉経後である40代後半から50代半ばに起こると言われています。

 

この時期には、卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減少します。

 

さらに、ちょうど夫婦関係を見直すことがあったり、子供の独立、親の介護など、身の回りの環境が大きく変化する時期でもあります。

 

体内と外部環境の変化が同時に起こることにより、検査してもどこが悪いのかハッキリわからない、頭痛や疲労感、イライラやほてりなどの不定愁訴で悩まされるのが更年期障害です。

 

症状も症状が現れる年齢も人それぞれで、何も感じることなく、更年期を過ぎる人もいます。

 

更年期の症状が酷い人の中には、西洋的な治療方法よりも、漢方薬などの東洋医療の方が合う人も少なくありません。

 

更年期障害に処方される漢方薬として一般的なのは、加味逍遙散や桂枝茯苓丸などです。

 

そろそろ更年期かな?と感じ始めたら、婦宝当帰膠や冠元顆粒がいいでしょう。

 

この二つは、ホルモン系の臓器にスムーズに栄養を送るために、血の巡りを良くしてくれる漢方薬です。

 

イライラする症状が一番酷く、何をしていても落ち着かなくてすぐにカッとなってしまう場合は、加味逍遥散、瀉火利湿顆粒などの漢方薬を使ってみましょう。

 

ほてりが一番症状として出やすいあなたには、瀉火補腎丸、六味地黄丸、杞菊地黄丸などがいいかもしれません。

 

手や足がどんな時でも火照っている状態で、寝る時も寝つきが悪かったり、布団から手足を出していないと寝れないような状態の人にオススメの漢方薬です。

 

もやもや感があったり、めまいが起こるような場合は、抑肝散加陳皮半夏や釣藤散を、冷えからくる足腰の痛みや足のむくみなどに悩まされている場合は、八味地黄丸、牛車腎気丸、参馬補腎丸などの漢方薬を服用するといいでしょう。