更年期障害には鍼治療が効果がある?

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

鍼治療だけで100%治るとは限りません

更年期障害は、どんな症状がいつ現れるのかが人によってかなり違います。

 

主な症状としては、頭痛やめまい、動悸、むくみ、のぼせ、ほてりです。その他にも、不安感やイライラを感じやすくなったり、無気力になってしまうこともあります。

 

これらの症状を不定愁訴と呼んでいます。

 

また、症状の重さにも個人差があり、不定愁訴に気が付かないほど軽い人もいますが、重症で治療が必要な人も少なくないのです。

 

更年期障害の効果的な治療方法の一つが鍼治療でしょう。

 

鍼治療は、その人の体全体の状態をみることができる治療法なので、どれか一つの症状に対して治療するのではなく、様々な諸症状に対して治療することができます。

 

さらに、鍼治療なら、個々の体質なども知ることができるでしょう。

 

鍼治療でみられる効果として、更年期障害の症状でよく出るのぼせや冷えの改善だけでなく、自立神経のバランスを調整してくれる効果や女性ホルモンの分泌促進なども期待できます。

 

他にも、血液循環を良くしてくれる作用があるので、血液を全身に運んでくれるはずです。

 

血液循環が良くなると、全身の筋肉の緊張が緩むため、精神的にもストレスを感じることなく、リラックスした状態を保つことができます。

 

更年期障害にはストレスをためず、リラックスすることも重要です。

 

ただ、鍼治療だけで更年期障害が100%治るとは限りません。

 

更年期障害の症状がとても重い場合には、他の治療や薬などと併用することも考えた方がいいでしょう。

 

また、日常の生活習慣の見直しや改善も必要になります。