更年期障害を東洋医学で治療できる?

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

日々の生活の中で症状が次々と変化していく

歳を重ねる事によって、身体に不調が出てきて、更年期障害を意識するようになったら、一度婦人科を受診する事をお勧めします。けれど、受診して処方される薬には、やはり副作用の不安が付きまといますよね。

 

眠れないからといって安易に睡眠薬を処方されたり、イライラするからといってすぐに精神安定剤を処方されたりしたら、なんだか服用するのが怖くなる事もあるでしょう。そんな時は、漢方薬を試してみるのもひとつの手ですよ。

 

東洋医学にも西洋医学と同じように、更年期障害の改善に効果のある漢方薬が多く存在しています。

 

例えば、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)と言う漢方薬は、頭痛や耳鳴り、肩凝りやのほせといった「血」に関係する症状に効果があり、よく使われているものです。

 

また、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)と言う漢方薬は子宮関係の症状に効果があって、加味逍遙散(カミショウヨウサン)と言う漢方薬は眠れなかったり、イライラしたりするといった症状に効果があります。

 

東洋医学で考えられている更年期障害の原因は、「気」、「血」、「水」の乱れと言われています。

 

女性の身体はとてもデリケートですので、ひとくちに「更年期障害」と言っても、日々の生活の中で症状が次々と変化していく事も決して珍しくありません。

 

そう言った事からも、日頃から漢方薬を利用する事によって、この「気」、「血」、「水」の調子を整え、更年期の様々な不快な症状を軽減させるように努めておくと良いでしょう。