更年期障害かどうかのチェックポイント

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

一人で悩まないことが大切です

更年期と言われる時期を迎え、そういった時に冷えやのぼせなどの症状があったとしても、症状が軽い場合はあまり気にならないかもしれません。

 

しかし、この時期になったら、いつ更年期障害の症状が現れてもおかしくありません。

 

「私って、もしかして更年期障害かしら?」と思ったら、何をチェックポイントにしたら良いのでしょうか?

 

更年期障害の代表的な症状として、まずは冷えや火照りがあります。

 

そして、不眠の症状や精神症状(イライラ感や不安感、抑うつ感など)が現れることが多いでしょう。

 

また、極端に疲れやすくなったり、肩凝りなどが起こりやすくなります。

 

以前の自分と比べて、何か変わったように思うこともあるかもしれません。要は、こういった症状があるかないかがチェックポイントです。

 

「それはどういった症状か?」、「程度はどうか?」によって、治療の内容が決定していきます。

 

今では、インターネットで探せば色々なチェックリストを見ることができますので、病院に行くほどでもないと思う場合には、それを参考してもいいでしょう。

 

あくまでもセルフチェックですので、結果は自己判断になります。

 

もし、更年期障害だという疑いが強いようであれば、婦人科を受診するようにしてください。

 

始めのうちは症状が軽度であっても、我慢しているうちに症状がどんどん悪化してしまい、治療に時間がかかってしまうこともあります。

 

特に精神的な症状は自分では進行度合いがわからないことも多いですから、早めに病院に行くようにしましょう。

 

問題がなければ、そのように医師からいってもらえることで安心する場合もあります。

 

とにかく、一人で悩まないことが大切です。