更年期障害 薬

1日7分あることを行うだけで

14日で更年期障害が改善した方法とは? ⇒ 詳細はこちら

更年期障害の様々な症状

40代後半から50代にかけての更年期には、いろいろな症状が起こります。更年期の症状は、全身に現れることが多く、自覚症状があることがほとんどでしょう。ただ、その症状のつらさは本人にしかわからないことが多く、周囲の理解が得られないこともあります。

 

更年期障害の原因は、女性ホルモンの分泌量の低下なので、症状として最も起こりやすいのは、月経異常や月経不順などです。その他に、ほてりやのぼせ、冷えなどもあれば、めまいや頭痛、耳鳴りといった身体の症状から、憂鬱感や不安感、イライラ感、不眠などといった精神的な症状が出る方もいます。

 

更年期障害の症状には、かなりの個人差があって、更年期の年代を迎えても、それほど気にならないくらいの不調ですむ方もいれば、日常生活を送ることが難しいくらいひどい症状が出る方もいます。

 

肩こり、手足のしびれ、腰痛などの体の不調やそれまでにないほど神経質になってしまったり、睡眠障害や意欲の低下が起こることもあります。意欲の低下からうつ病になってしまう方もいるのです。

 

また、嘔吐や食欲不振などが更年期障害の症状として出ることもあるでしょう。40代を超えてこのような症状が出たら、更年期障害を疑って病院で一度診察を受けてください。

 

更年期障害の症状は薬の服用などで緩和することができますし、もしかしたら、そのつらい症状の原因は更年期ではないかもしれません。更年期の症状だと思っていたら、実は、メニエール病だったり、高血圧や糖尿病だったということもありえます。

病院での更年期障害の治療法

更年期障害の際、病院で行われる治療の中で一般的なのは、ホルモン補充療法です。ホルモンの分泌が少なくなって、バランスを崩すことにより、更年期障害が起こるので、そのホルモンを人工的に外部から補充していくという治療方法です。

 

減少してしまったエストロゲンを外部からどのように補充するのかというと、それは薬の服用です。この薬の服用で自律神経のバランスを整えることができるだけではなく、更年期障害でよくみられる体の火照りや冷え、動悸などの改善にも効果的です。

 

しかし、人工的に女性ホルモンを補充するため、副作用も心配されています。現在、発表されている副作用の一つは、発がん率が高くなるということです。

 

HRT(ホルモン補充療法)を行っている女性は、卵巣ガン、乳ガン、子宮内膜ガンの発ガン率が、行っていない女性に比べて63%も高いという研究結果が出ています。さらに、尿失禁を起こす可能性も高いという報告があるようです。

 

試験を行った結果によると、HRTを行っている女性の約4割強の人に尿失禁がみられたそうです。HRTはその効果だけでなく、副作用などのリスクも考慮した方がいいかもしれません。ホルモン補充療法の他に、漢方療法もあります。

 

漢方療法のメリットとしては、一つの薬で更年期障害でみられる様々な症状に対応できることです。ただ、この療法は即効性を期待することができません。ゆっくり時間をかけて治療していくことになるでしょう。

 

その他に病院で行われる治療法としては、カウンセリングがあります。生活改善方法や精神的にリラックスできる方法などのアドバイスをしたり、不安などを取り除いていくような心のケアも行っていきます。